FC2ブログ

2020-04

寄り付きが高い場合の投資思考

前日や市場が始まる前に材料が出たり、好決算を発表したりして寄り付き前の気配が高い場合、どういった思考となりそれが
投資行動にどう表れるか、そして対処法をまとめた。

 上昇率が高いほど買いたい衝動に駆られる。これが高値掴みの原因なのだが、一方、すでに保有している人や好決算を期待して跨いだ人は利益確定をしてくる(既にPTSで売っているかもしれないがそれは省略)。
買い手はますます買いたくなるが売り手はますます売りたくなるのである。
ただ、売り手はチャートが右下がりで大幅上げによってようやく買値まで戻って来たとしたら、やれやれ売りになりそれ以上の水準で買った人の売りはまだ出ないと考えていい。それと信用買い残・売り残がいくらかにもよる売り残が多い場合は一気に寄りから上昇も考えられる。買い残が多い場合は利益確定を急ぎ上昇もほどほどかもしれない。

結局のところ、寄った後に上下どちらへ動くかじっくり見ることである。チャート形状、信用取り組み、板状況はあくまで参考であって信用しないあるいは推測しないというのが重要。
だからデイトレーダーは寄付きから買う事はあり得ない。今買って何があっても売らずに2、3年持つという方は別だが。

日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayabusawar.blog.fc2.com/tb.php/211-2676f8a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハヤブサ

Author:ハヤブサ
投資家。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (103)
個別銘柄 (3)
話題銘柄 (1)
月別出来事 (2)
コラム (1)
投資戦略 (10)
名言集 (1)
株式投資考察 (4)
投資テーマ (2)
株式投資知識 (3)
マイルール (1)
月別好業績株 (1)

アクセスカウンター

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR