FC2ブログ

2020-04

急騰飛び付き禁止の理由

自分は急騰飛び付きを禁止事項にしている。その理由と対処について書く。

まず急騰といっても2種類に分けて考えたい。根拠のある急騰と根拠のない急騰である。

①根拠のある急騰
  大材料が出たり好決算が発表されたりすると翌営業日は朝から買い気配のことが多い。例えば前日終値が1000円の場合
  ストップ高は1300円となるが、仮に1250円で寄り付いた場合、すでに上昇率は25%で残り値幅は50円だ。ここで投資家
  はストップ高という言葉の響きだったり、翌日もストップ高かもという期待をして買うことが多い。自分は急騰飛び付き禁止と
  しているが、月足でみて低位圏だったりアベノミクスのような2日連続ストップ高が続出するような地合いであれば買ってもいい
  と考える。ただそうでない場合、買いたい人はみんな買っての寄り付き値なので株価は落ちてくることも多いので一旦押して
  からでもいいと考える。本当に強ければその日は寄り付かないので。

②根拠の無い急騰
 この場合、寄り付きは前日終値近辺だが開始5分で大陽線、次の5分でさらに大陽線を引き、素人投資家が買ってきた3本目
 で急落というのが多い。完全に仕掛けに引っかかったことになる。なぜこういう動きをするか。投資家に考える時間を与えず、
 安い所から一気に買い値幅を取るためである。
 急騰を見つけtsら陽線2本目までに買って売るか、上昇理由が無ければ手を出さずにスルーすべきだ。これに引っかかって
 陽線2本目の株価1250円で買ってしまった場合、すぐに1100円ぐらいまで下がる。下落率12%である。1日1~2%が
 精一杯のデイトレでこれに引っかかると壊滅的だ。しかもこういう急騰を大きい株数で買うことが多い。

安値圏からの一気上げは注意が必要だ。



日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayabusawar.blog.fc2.com/tb.php/208-5e789219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハヤブサ

Author:ハヤブサ
投資家。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (103)
個別銘柄 (3)
話題銘柄 (1)
月別出来事 (2)
コラム (1)
投資戦略 (10)
名言集 (1)
株式投資考察 (4)
投資テーマ (2)
株式投資知識 (3)
マイルール (1)
月別好業績株 (1)

アクセスカウンター

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR