FC2ブログ

2020-04

個人投資家の生きる道

12月9日 株探(杉村富雄 記事)より

「波乱相場での投資家の生きる道とは…?」

●なぜ、ボラティリティがこんなに高いのか?

 これは改めて述べるまでもないことだが、日本の株式市場はボラティリティ(株価変動率)が極めて高いマーケットである。乱高下を繰り返している。この背景には(1)機関化現象の進展、(2)外国人主導のマーケット、(3)先物、システム売買、アルゴリズム取引といった新しい投資手法の登場、(4)運用スタイルの変化(短期・順張りが主流に)……などの要因があろう。

 筆者はかねてより、現状を正しく認識しリスク・マネジメントを徹底せよ、マーケットの特性を理解し行動せよ、と主張してきた。マーケットの特性とはボラティリティの高さだ。これが変わるのは難しい。いや、むしろ、当局はハイ・フリークエンシー・トレーディング(超高速取引)の利便性を高め、注文執行速度を上げようとしている。

 ここには残念なことに、「投資の時代」の理念とか、個人投資家を守ろうといった概念はかけらもない。しかし、これが現実だ。嘆いていても始まらない。個人投資家としては投機筋の逆手をとるか、外部環境、先物、ヘッジファンドなどの影響を受けにくい銘柄にマトを絞るしかない。これが個人投資家の生きる道!である。


株式デイトレードランキング

にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hayabusawar.blog.fc2.com/tb.php/107-542b6d28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハヤブサ

Author:ハヤブサ
投資家。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (103)
個別銘柄 (3)
話題銘柄 (1)
月別出来事 (2)
コラム (1)
投資戦略 (10)
名言集 (1)
株式投資考察 (4)
投資テーマ (2)
株式投資知識 (3)
マイルール (1)
月別好業績株 (1)

アクセスカウンター

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR