FC2ブログ

2020-01

1月31日(金)

相場がある程度活況になるまでトレードするつもりはなかった。だが、昨晩のNY市場でWHOが新型肺炎について非常事態宣言を出した後にダウがマイナスからプラス120ドルまで上げたことで、日本も出直りかと期待した。それでここ数日売られていたナガオカを買い。分割後は一貫して売られていたが日足でそろそろ反発と思ったがそんなに上がらなかった。何とか耐えて利益確定。

それから好決算を発表したフタバ産業が寄りから大きく売られていたので買い。買いが早すぎ買値まで戻らず損切り。

今日は2銘柄のみ。トータルプラスで終了。
まだまだ地合いが悪いのだろう。リバウンドも弱い。
来週月曜日は春節明けで中国市場が始まるが、まず暴落と見る。それが持ち直した時が買い場だろうか。


日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
スポンサーサイト



VIX指数

VIX指数というものがある。これは恐怖指数ともいう。近い将来暴落が予想される時などに数値が跳ね上がる為に、そう呼ばれる。
VIX指数にもいろいろあって今は3種類の指数が使われている。

■ 本来、VIX指数というのはシカゴオプション取引所(CBOE)でのS&P500のオプション取引のボラティリティ(変動率)から算出される指数です。発祥のアメリカの指数です。

■ 日経VI指数とは大阪証券取引所での日経平均の先物及びオプション取引のボラティリティから算出される指数です。恐怖指数の日経平均版です。

■ VSTOXX指数とはEURO STOXX50(欧州を代表する50銘柄の株価指数)のオプション取引のボラティリティから算出される指数です。恐怖指数の欧州版です。


恐怖指数は通常10から20の間で推移していて、30を越すと警戒域となります。
地政学的リスクが発生したりすると一時的に暴落への恐怖感からVIX指数が跳ね上がりますが、峠を越すと元の平穏な水準に戻る性質があります。
VIX指数を利用して利益を上げるには米国VIというCFD取引を行うこともできますが、売られ過ぎた日本株を逆張りで入る参考にするのもいいと思います。


日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

1月30日(木)

今日のトレードは無し。
あまりにも地合いが悪いので何もせず傍観。新型肺炎の影響が収まるまで待つしかない。

騰落レシオは65.7まで低下。(値上がり296  値下がり1819)
今回は50台まで突っ込むのでないかと思う。その辺りが逆張りの買い時だろう。


日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハヤブサ

Author:ハヤブサ
投資家。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (103)
個別銘柄 (3)
話題銘柄 (1)
月別出来事 (2)
コラム (1)
投資戦略 (10)
名言集 (1)
株式投資考察 (4)
投資テーマ (2)
株式投資知識 (3)
マイルール (1)
月別好業績株 (1)

アクセスカウンター

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR