FC2ブログ

2020-01

騰落レシオ

騰落レシオとは通常、東証一部全銘柄を対象に値上がり銘柄数と値下がり銘柄数の比率から繁閑度を見る指標です。個別株動向を見るための指標ではなく、市場全体の繁閑度を見る指標です。 短期的指標であり、一般的に10日間の変化率を使用します。一定期間を区切って、その間、毎日の値上がり銘柄数を値下がり銘柄数で割って求めます。

騰落レシオ100%の水準では値上がりと値下がりが同数で、110%では値上がり銘柄が値下がり銘柄より10%多く、90%であれば値下がり銘柄が10%多いことを示します。また下降相場においては天井発見に優れ、上昇相場では底値発見に優れているといえます。

レシオ120%以上は、買われ過ぎていると見ます(売り場接近)
レシオ60%以下に下げた時は、売られ過ぎと見ます(買い場接近)

レシオが上昇することは物色人気の拡大を、低下するということは物色人気の下降を意味します。底入れの時は50%まで下がることが多いとされます。押し目の時は70%から反転することが多いとされます。50%から反転し上昇幅が拡大する場合、近い将来相場は大きく人気づくと見られます。

日々の騰落レシオは日経平均比較チャートで見ることが出来ます。過去のチャートで検証すると騰落レシオで買われ過ぎサインの場合、間もなく下落し、売られ過ぎの場合、間もなく上昇しています。トレードに活用しましょう。
ページはこちらです。 
    ↓
https://nikkei225jp.com/data/touraku.php


日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
スポンサーサイト



1月28日(火)

コロナウイルスの感染者は日に日に増加しているが、関連銘柄は信用規制が入ったり大きく下げたりする銘柄も出たりで
そろそろ手掛けにくくなってきたように思う。これだけ上昇すると(まだ上がり始めかもしれないが)抱えたまま持ち越した場合
売るに売れなくなり評価損ー30%とかになり、大損するのがいいとこだろう。
今後は、コロナウイルス終結に向けて売られ過ぎた好業績銘柄をちびちび買い集めるのが戦法としてはいいと思う。
中期目線だ。

そういうことで今日はノートレで作戦をねっていた。
長期で候補とした(6323)ローツエは今日も大きく売られたが、これは狼狽売りせずじっくりチャンスを待とう。


日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハヤブサ

Author:ハヤブサ
投資家。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (103)
個別銘柄 (3)
話題銘柄 (1)
月別出来事 (2)
コラム (1)
投資戦略 (10)
名言集 (1)
株式投資考察 (4)
投資テーマ (2)
株式投資知識 (3)
マイルール (1)
月別好業績株 (1)

アクセスカウンター

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR