FC2ブログ

2018-03

株式投資名言集

絶好のトレードチャンスが到来するのを待てる忍耐力を持ちなさい。(ジェームズ・ロジャーズ)

運用成績が一変したのは、正しい判断をどれだけ数多く下せるかということではなく、勝てるトレードで得る利益をどれだけ膨らませ、負けるときにどれだけ損を抑えられるかということの方が重要だということを理解したときからです。平均すると勝率は50%にすぎないけれど、判断を誤ったことで被る損失より、正しかったときに上げる利益のほうがかなり多いです。(マーク・ミネルヴィニ)

人生を変えた言葉はジェシー・リバモアの「成功の果実をどれだけ手にできるかは、自身の売買記録をとる、自分で考える、自分で決断するといった、あなた自身の努力がもたらす正直さや誠実さに正比例する」というもので、つまり自分の結果は100%自分で責任を取れということ。(マーク・ミネルヴィニ)

一回一回のトレードの結果がもつランダムな性格ではなく、自分が正しいことをやっているかどうかに焦点を当てなさい。自分のミスから勉強しなさい。(リチャード・デニス)

彼ら(ダメなトレーダー)ができないのは、どんな悪い状況でも自信を持ってトレード・ルールに従ってやることだ。(リチャード・デニス)

トレーダーが立て続けに損を出すのは自己欺瞞が達者なためでもある。自分がどこでどう間違ったかを知るのが怖いのだ。私がブレイクイーブン(損益がとんとん)のトレーダーから堅実に稼ぐトレーダーへと変身したのは、取引を一件ずつ精密に分析した結果なのだ。(ゲイリー・スミス)

個人投資家にできないことはプロのゲームでプロに勝つこと。自分のゲームで自分にコントロールできることで勝てば良いのだ。(ベンジャミン・グレアム)

獲物を逃す可能性がまったくないときだけ、チーターは攻撃を仕掛けるのです。これこそ私にとってはプロのトレードの縮図なのです。(マーク・ワインスタイン)

変動の大きい異常な相場は数年に一度しか起こらないということをわすれてはならない。だから、平常時に理に適った以上の儲けを期待してはいけない。

良いトレードとは、自分のアイディアを追い続けていく信念と間違いを認める柔軟性の間の微妙なバランスで成り立っている。(マイケル・スタインハルト)

勝たなければならないのなら、決して勝てない。
賢者は考えを変えるが、愚者は決して変えないものだ。

良い手を指そうとするよりは、悪い手を指さないように自戒する。(大山 康晴)

トレーディングはメンタルなゲームだ。大衆は、自分たちがマーケットに立ち向かっていると勘違いしている。実際は自分との戦いである。(マーティン・シュワルツ)

固定観念に縛られる人は、チャンスを失う。

動きの一部が取れれば十分、一つのトレンドで最も簡単な部分は中間の部分である。

マーケットでプレーをするには、自分の考え方に凝り固まっていてはいけない。新しい考え方を受け入れる柔軟性が必要だ。

プロは、儲けることよりも、正しく行動することに神経を使う。やることをきちんとやっていれば、儲かるときは儲かることを知っているからだ。

マーケットが何を言っているのかを聞き取ることだ。自己肯定は、一切無用だ。トレーディングの目的は儲けを上げることなのだから。(マーティン・シュワルツ)

上がっている株を買って利益を最大化する。でも、下がったら早めに損切りをする。リターンとリスクのバランスをとることが大事です。

勝率にもこだわらないほうがいいですよ。大事なのはトータルの損益です。勝率が8割でもトータルがマイナスなら資産は増えません。僕の場合、銘柄ごとに勝敗を見ると、勝率は3割くらいだと思います。7割はトントンかちょい負け。それでも、負けた額の10倍、20倍の金額で勝つことがあるから、トータルでプラスになるのです。(cis)





デイトレードランキング
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

ハヤブサ

Author:ハヤブサ
投資家。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (83)
個別銘柄 (3)
話題銘柄 (1)
月別出来事 (2)
コラム (1)
投資戦略 (10)
名言集 (1)
株式投資考察 (4)
投資テーマ (2)
株式投資知識 (3)
マイルール (1)
月別好業績株 (1)

アクセスカウンター

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR