FC2ブログ

2020-05

寄り付きが安い場合の投資思考

前日やオープン前に悪材料出現や悪決算で寄付きが安い場合がある。中には好決算でも安く始まる場合もある。
この時の思考方法や対処法を考えたい。2種類に分けて考える。

・決定的悪材料・最悪決算の場合
 ストップ安や大きく下げて寄り付いた場合、売る人というのは前から保有していた人や新たに空売りをかける人である。
 一方買う人というのは短期サヤ取り狙いの逆張り投資家や既に保有していてナンピンを入れる人である。
 ここに、この株をどうしても欲しい人は少ないと思われる。
 なので、寄り付いて反発したとしてもリバウンドは少なく少しの上げの後はまた大きく下げやすい。手出し無用のパターンだ。

・一時的悪材料・好決算の場合
 ちょっとした悪材料や好決算なのに売られることがある。この場合、既に保有している人で売りたい人は少ないと思われる。売り圧力は少ない。一方、以前からこの銘柄が欲しいと思っていた人にとってはチャンスだ。下げが収まったら反転度合いは大きい。

つまり同じ下げでも2つの場合では全然違うのだ。後者の場合は果敢にリバ取りに行くべきだ。
前者の場合はスルーだ。


日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
スポンサーサイト



寄り付きが高い場合の投資思考

前日や市場が始まる前に材料が出たり、好決算を発表したりして寄り付き前の気配が高い場合、どういった思考となりそれが
投資行動にどう表れるか、そして対処法をまとめた。

 上昇率が高いほど買いたい衝動に駆られる。これが高値掴みの原因なのだが、一方、すでに保有している人や好決算を期待して跨いだ人は利益確定をしてくる(既にPTSで売っているかもしれないがそれは省略)。
買い手はますます買いたくなるが売り手はますます売りたくなるのである。
ただ、売り手はチャートが右下がりで大幅上げによってようやく買値まで戻って来たとしたら、やれやれ売りになりそれ以上の水準で買った人の売りはまだ出ないと考えていい。それと信用買い残・売り残がいくらかにもよる売り残が多い場合は一気に寄りから上昇も考えられる。買い残が多い場合は利益確定を急ぎ上昇もほどほどかもしれない。

結局のところ、寄った後に上下どちらへ動くかじっくり見ることである。チャート形状、信用取り組み、板状況はあくまで参考であって信用しないあるいは推測しないというのが重要。
だからデイトレーダーは寄付きから買う事はあり得ない。今買って何があっても売らずに2、3年持つという方は別だが。

日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

上場廃止 猶予期間入り銘柄

別カテゴリの中で買ってはいけない銘柄として上場廃止決定銘柄・廃止猶予期間入り銘柄を挙げたが、具体的銘柄を整理しておく。下記銘柄には十分注意すべきである。

廃止決定
・3822 Minori(1・21廃止)
・7834 マジェスティゴルフ(1・23廃止)

廃止猶予期間入り
・2586 フルッタフルッタ
・3578 倉庫精練
・4576 デ・ウェスタン
・4875 メディシノバ
・5216 倉元
・6112 小島鉄工
・6166 中村超硬
・6366 千代田化工
・6982 リード
・8254 さいか屋
・9973 小僧寿し
・9978 文教堂



日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

株は勝手に上がっているわけではない

好材料による上げにしろ、自立反発による上げにしろ、地合い好転による上げにしろ株は勝手に上がっているわけではない。
下げの場合も同じ。
誰かが最初に仕掛け、それにちょうちんがつきさらに上がる。買い戻しかもしれない。
要は、上げを早く察知し、仕掛け筋やちょうちん筋が売る前に売らないといけない。
上がっているからといって持ち越したり一段上を期待しているうちに売られてしまう。その後には評価損にまみれた株が残るだけだ。


株式デイトレードランキング

にほんブログ村

個人投資家の生きる道

12月9日 株探(杉村富雄 記事)より

「波乱相場での投資家の生きる道とは…?」

●なぜ、ボラティリティがこんなに高いのか?

 これは改めて述べるまでもないことだが、日本の株式市場はボラティリティ(株価変動率)が極めて高いマーケットである。乱高下を繰り返している。この背景には(1)機関化現象の進展、(2)外国人主導のマーケット、(3)先物、システム売買、アルゴリズム取引といった新しい投資手法の登場、(4)運用スタイルの変化(短期・順張りが主流に)……などの要因があろう。

 筆者はかねてより、現状を正しく認識しリスク・マネジメントを徹底せよ、マーケットの特性を理解し行動せよ、と主張してきた。マーケットの特性とはボラティリティの高さだ。これが変わるのは難しい。いや、むしろ、当局はハイ・フリークエンシー・トレーディング(超高速取引)の利便性を高め、注文執行速度を上げようとしている。

 ここには残念なことに、「投資の時代」の理念とか、個人投資家を守ろうといった概念はかけらもない。しかし、これが現実だ。嘆いていても始まらない。個人投資家としては投機筋の逆手をとるか、外部環境、先物、ヘッジファンドなどの影響を受けにくい銘柄にマトを絞るしかない。これが個人投資家の生きる道!である。


株式デイトレードランキング

にほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハヤブサ

Author:ハヤブサ
投資家。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (2)
個別銘柄 (3)
話題銘柄 (1)
月別出来事 (2)
コラム (1)
投資戦略 (10)
名言集 (1)
株式投資考察 (5)
投資テーマ (2)
株式投資知識 (3)
マイルール (1)
月別好業績株 (1)
デイトレード適性銘柄 (0)

アクセスカウンター

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR