FC2ブログ

2020-04

VIX指数

VIX指数というものがある。これは恐怖指数ともいう。近い将来暴落が予想される時などに数値が跳ね上がる為に、そう呼ばれる。
VIX指数にもいろいろあって今は3種類の指数が使われている。

■ 本来、VIX指数というのはシカゴオプション取引所(CBOE)でのS&P500のオプション取引のボラティリティ(変動率)から算出される指数です。発祥のアメリカの指数です。

■ 日経VI指数とは大阪証券取引所での日経平均の先物及びオプション取引のボラティリティから算出される指数です。恐怖指数の日経平均版です。

■ VSTOXX指数とはEURO STOXX50(欧州を代表する50銘柄の株価指数)のオプション取引のボラティリティから算出される指数です。恐怖指数の欧州版です。


恐怖指数は通常10から20の間で推移していて、30を越すと警戒域となります。
地政学的リスクが発生したりすると一時的に暴落への恐怖感からVIX指数が跳ね上がりますが、峠を越すと元の平穏な水準に戻る性質があります。
VIX指数を利用して利益を上げるには米国VIというCFD取引を行うこともできますが、売られ過ぎた日本株を逆張りで入る参考にするのもいいと思います。


日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
スポンサーサイト



地合いの強弱による投資手法選別

地合いの強い時と弱い時で、同じやり方で売買をやっていてはうまくいかない。

地合いが弱い時は投資家は買いを敬遠するのでどんどん上値を買ったり、下げた銘柄にナンピンやリバ狙いの買いを入れたりしない。だから、地合いの悪い時は利益もそこそこに確定しないと他の投資家が薄利で売ってくる。しかも持ち越して地合い悪化が続くと回復するのに2、3か月かかったりしてその間、資金が拘束されて投資機会を失う。

地合いの強い時は言うまでもなく取れるチャンスも多い。多少下がっても切り返してくるし、持ち越しても何日か後には再び買値を超えてくることもある。

結局、何らかの要因で地合い悪化が長引きそうになったら落ち着くまで何もしないほうがいいのだ。
『待つも相場』である。

急騰飛び付き禁止の理由

自分は急騰飛び付きを禁止事項にしている。その理由と対処について書く。

まず急騰といっても2種類に分けて考えたい。根拠のある急騰と根拠のない急騰である。

①根拠のある急騰
  大材料が出たり好決算が発表されたりすると翌営業日は朝から買い気配のことが多い。例えば前日終値が1000円の場合
  ストップ高は1300円となるが、仮に1250円で寄り付いた場合、すでに上昇率は25%で残り値幅は50円だ。ここで投資家
  はストップ高という言葉の響きだったり、翌日もストップ高かもという期待をして買うことが多い。自分は急騰飛び付き禁止と
  しているが、月足でみて低位圏だったりアベノミクスのような2日連続ストップ高が続出するような地合いであれば買ってもいい
  と考える。ただそうでない場合、買いたい人はみんな買っての寄り付き値なので株価は落ちてくることも多いので一旦押して
  からでもいいと考える。本当に強ければその日は寄り付かないので。

②根拠の無い急騰
 この場合、寄り付きは前日終値近辺だが開始5分で大陽線、次の5分でさらに大陽線を引き、素人投資家が買ってきた3本目
 で急落というのが多い。完全に仕掛けに引っかかったことになる。なぜこういう動きをするか。投資家に考える時間を与えず、
 安い所から一気に買い値幅を取るためである。
 急騰を見つけtsら陽線2本目までに買って売るか、上昇理由が無ければ手を出さずにスルーすべきだ。これに引っかかって
 陽線2本目の株価1250円で買ってしまった場合、すぐに1100円ぐらいまで下がる。下落率12%である。1日1~2%が
 精一杯のデイトレでこれに引っかかると壊滅的だ。しかもこういう急騰を大きい株数で買うことが多い。

安値圏からの一気上げは注意が必要だ。



日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

米イラン問題と取るべき投資戦略

1月3日、トランプ大統領の命令の下、バグダッド空港近くにいたイランの革命防衛隊クッズ部隊司令官のソレイマニと、イラクの親イランシーア派民兵組織であるカタイブ・ヒズボラの指導者であり、イラクのシーア派民兵の連合体である人民動員隊(PMU)の副司令官であるムハンディスが殺害された。バグダッド空港には米軍の施設もあり、カタイブ・ヒズボラがミサイル攻撃を仕掛けている中で、ドローンによる攻撃でソレイマニとムハンディスが殺された。これによって中東はイランとアメリカの対立が急速にエスカレートしていくことの不安に包まれた。
 1月4日、イラクの首都バグダッドで、米大使館の近くに迫撃弾2発が撃ち込まれた。それとほぼ同時に、バグダッドの北にあり米軍も使用しているバラド(Balad)空軍基地にロケット弾2発が撃ち込まれた。イラクの報復と思われる。

 もはや中東情勢は1週間やそこらでは解決しそうではない状況となってきた。相場の読みとしては当面、安全資産としての円買いによる円高とそれによる株安が続くのではないかと思う。

 ここでとる戦略としては
① 原油ETF買い(2038 NN原油、 1671WTI原油ETF)
② 防衛関連銘柄買い(6208 石川製作所、 6203 豊和工業、 4274 細谷火工
         7980 重松製作所)
③ 12月決算銘柄の発表に入る1~2月は好決算銘柄のみデイトレかスイング。長期保有はしない。

という仮説を立ててみた。とにかく臨機応変に小刻みに利益確定していくことだ。



日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



完勝【優待取り戦略】

先日、年金2000万円問題に絡んで個人投資家が資産運用するには十分気をつけなければいけないと書き、それでは何をすれば良いかというところで終わっていたのだが、今日はその解答の1つとして株主優待戦略について書く。

ただ、株主優待にもいろいろあって、クオカードもあれば自社商品、食事券、お米など様々です。そういった意味では資産運用に近いものと言えるのはクオカードぐらいだろうか。ただ、生活していく上で、食事や米などは優待が無くても現金で買うわけなので一応、現金と比較できるものと考えよう。これは各自、捉え方は自由です。

自分は、寿司が好きで年4回は食べに行くので、寿司屋で使える優待は現金と同等に考えている。

さて実務に入ろう。
まず、株主優待や配当金や株主としての権利(議決権)を得ようとした場合には権利付き最終日に現物株で株を保有していないといけません。以前は権利付き最終日は営業日ベース(土曜・日曜・祝日を除くということ)で決算日の4日前までに買っていなければいけなかったのですが、制度変更で3日前になりました。2019年9月30日(月)が中間決算の企業であれば、9月28日、9月29日が土日で休日だったので9月26日(木)が権利付き最終日でした。つまりこの日の大引け(15時)までに現物で株を買って日をまたげば株主優待や配当金や株主としての権利(議決権)を手に入れることが出来ました。株主となれたわけです。
注意点は株主優待は保有株数に応じて手に入るものが違ってくるので自分が欲しい額や商品を満たした株数を買っているかという点です。

では次にいつ売ればいいかです。
これは3種類に分かれます。
①買った後、上がっても下がってもいいし、ずっと株主優待を受け取りたいという方。
 売らずにずっと保有し続けます。値上がりすれば儲かります。値下がりすれば損します。

②とにかく権利だけ取れればいいので最短で売りたいという方。
 権利付き最終日の翌日が権利確定日です。2019年でいうと9月27日(金)に売却すれば配当・株主優待・議決権があります。
 注意点は権利落ちといって権利に該当する分だけ権利落ち日に下がって相場が始まります。ただこれは理論上であって上がって始まることもまれにあります。優待はもらえたけれども配当落ち分だけ株価が下がったので実質優待分しか手に入らなかったというケースが多いです。

③優待だけもらえればいい。つまり配当はあきらめるので配当落ち日の値下がりリスクを避けたいという方。
 権利落ち確定日の寄付きに現物買い+信用売り(6か月)の注文を入れ、持ち越します。そして翌日の権利落ち日の寄付きに信用売りを現渡しとして現物株を差し出します。これで決済完了したことになります。買いも売りも同値なので株価変動は関係ありません。
注意点は、現物株の保有で配当と優待と株主権利を手に入れましたが、信用売り分について持ち越したので配当落ち調整金という形で配当金相当額を支払わなければなりません。結局、優待と株主権しか手に入りません。

さて、ここからが本題です。①の方は置いておいて②と③の手数料について検証するのが今日のテーマです。
ここでは、楽天証券の一般的な手数料コースで比較します。
株価3000円で100株買った場合で想定しています。買いと売りの株価は同額とし売却損益や配当金は無視しています。
信用取引金利も無視しています。大口顧客や違うコースの方は参考になりません。

②の場合
 ・現物買い分 超割コース 20万円以上50万円まで250円+消費税
  現物売り分 超割コース 20万円以上50万円まで250円+消費税  計500円+消費税

③の場合
 ・現物買い分 超割コース 20万円以上50万円まで250円+消費税
  つなぎ売り分  手数料はかからない                      計250円+消費税+信用金利


③のほうが売買手数料だけでは有利です。それはつなぎ売りの現渡し決済には手数料がかからないからです。信用金利は各証券会社に確認してください

自分はこれまで①や②の手法だったのですが、配当や優待の額以上に値下がりしてしまうことが多かったので最近は③の方法で優待の権利だけを取っています。

どの方法がいいかは各自の考え次第です。参考にして下さい。


日記・雑談ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

«  | ホーム |  »

プロフィール

ハヤブサ

Author:ハヤブサ
投資家。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
日記 (103)
個別銘柄 (3)
話題銘柄 (1)
月別出来事 (2)
コラム (1)
投資戦略 (10)
名言集 (1)
株式投資考察 (4)
投資テーマ (2)
株式投資知識 (3)
マイルール (1)
月別好業績株 (1)

アクセスカウンター

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR